ページ

2015年1月20日火曜日

【レビュー】誰でも簡単アンケート!Questantを使ってみた!

[PR]オンラインで、誰でも簡単にアンケートが作成出来るサービス「Questant」を使ってみました。

Questant

まず、無料で会員登録を完了すると、即アンケートの作成が可能になります。最初は画面に表示されるチュートリアルに従って対話式で作成方法を学ぶことが出来ますが、正直、チュートリアルなんて必要ないくらいわかりやすい画面になっています。


ということで、とりあえずアンケート作ってみないとわからないだろ!ってことで作ってみました。ということでなんだかいい加減なアンケートで申し訳ないのですが(^^;、この程度のアンケートなら3分もあれば充分なのが素晴らしい。もしもHTMLで作ってたら・・・考えるだけで恐ろしい(笑)

ま、せっかくなので、もしお暇なら回答してみてください。


おお。すごい。アンケートへのリンクだけでなく、ちゃんとWEB埋め込み用のコードも出力してくるんだ。てことで、無料プランの場合、作成したアンケートへの回答者は原則自分で集めるわけですが、
  • メールアドレスによる一斉送信
  • QRコードの出力
  • SNSへの投稿
  • WEBサイトへの埋め込み
などの告知ツールが用意されています。が、7,800円(税別)出せばYahoo! Japanニュース「意識調査」にバナーを出すことが出来るというオプションも!まぁ通常プランの月額2,980円(税別)も必要になりますが、それでも1万円あまりで100サンプルを集められるというのは、ビジネス的にはありがたい話です。

ちなみに、英語版ページもあるというのは、グローバルに活動しているビジネスマンにとっては超うれしい機能かもしれません。

その他にも、集計結果を各種グラフで出力してくれたり、たくさんのテンプレートを活用してカスタマイズなアンケートを簡単に作成したり、PCにもスマホにも対応してたりと、機能盛りだくさんで、正直「無料プラン」で十分なほど。

ただ、ビジネスで使うには、月額2,980円の通常プラン以上がいいですねー。回答数が無制限、分岐式の回答が可能、集計結果のCSVダウンロード、そして上記のように回答者を集めてくれるサービスだったり・・・。

ま、百聞は一見にしかず。会員登録もアンケート作成も無料ですので、まずは私のように試してみてください。プライベートはともかく、ビジネスではものすごいパワーを発揮してくれると思いますし、実感出来るはずです。

これはオススメのサービスですね(^^)


2015年1月18日日曜日

【センター試験】思いっきり後悔してこい!

明日というか、今日はセンター試験の初日。受験予定の息子は早めに床に就いたけど、なかなか眠れずにいるようだ。

きっと訳のわからない不安に圧し潰されされそうだったり、これまでの自分を振り返って激しい後悔に苛まれたり、もし失敗してしまったらどうしようと悩んだりで、胸が一杯になってしまってるんだろうな。

今のお前にとっては目の前の受験が人生の全てかもしれないけど、後で振り返ってみると、意外と大したことないことに気付くと思うぞ。でもそれを言ってしまうと、お前のこれまでのせっかくの努力を無駄にしてしまいそうだから、今は言わないけどな。父はそう考えている。

試験が上手くいくとか失敗するとか、結果なんてどうでもいいんだよ。大事なのはさ、今お前が眠れずにいるっていうこと自体なんだ。社会に出たら嫌が上にも結果を求められるんだよ。今はそこまでのプロセスをしっかりと記憶しておけばいいんだ。不安も恐怖も恐れも後悔も苦しみも、その全部を身体で覚えておけよ。

大人になってから「いやー、受験の前の夜は全然眠れなくってさー」って笑い話に出来ればそれで充分。お前が朝起きたら、実はこの3年間で得るべきものはもう全て得てるんだよ。気付かないだろうけどさ。

ま、そのうちわかるさ。志望校に受かろうが落ちようが、浪人しようが就職しようが、俺は俺だったんだよなって。そして、「勉強しろ!」とも言わないし「どこを受験するんだ?」とも聞かない父親の気持ちを理解出来る日もきっと来るさ。

とりあえず明日も明後日も、お前が元気でいてくれれば父はそれで充分だ。思いっきり後悔してこい!

2015年1月15日木曜日

【レポート】びっくりドンキーのローストビーフを食べてみた

ハンバーグでおなじみのレストラン「びっくりドンキー」が販売している「ローストビーフ」をいただいてみました。

ローストビーフってレストランで食べる以外、自宅で食べる機会がほとんどないので(私だけか? ^^;)ちょっとワクワク。


180gのローストビーフは当然冷凍されているので、まずは解凍。今回は組織を壊してしまわないよう、氷水を入れた容器でゆっくりと溶かしましたが、まぁ冷蔵庫や室温でも大丈夫でしょうね。


表面の網は麻紐ではなく、ゴム状のネットのため、意外と簡単に外せます。あまり考えず真っすぐ輪切りにしちゃいましたが、斜め切りにしないといけませんね(^^;


切った終わったものを・・・なぜかガラス皿に乗せて付属のタレをかけてみました。夏場でもあるまいに、なぜガラスなんだ?という疑問もありますが、そこはまぁ、何となく雰囲気ということで・・・。

で、肝心のお味についてなのですが・・・・。写真を撮影した後、数枚食べて「うは。これ超おいしいから食べてみて。」と近くにいた息子に言い残し、ちょっと場を離れただけだったのに・・・・。戻ってきたら残り全部平らげた息子が「ありがとう!このローストビーフ本当においしかった!」と満面の笑み。うう・・・怒るに怒れない(T-T)。

食感がどうだとか、舌触りがどうだとか、風味がどうだとか、長々と説明するまでもないですね。息子のはじめるような笑顔がどれだけ美味しかったのかを現してくれていました。あ!そのときの息子の写真を撮っておけばよかった!





びっくりドンキーのネット通販ならフードサンクス♪ 美味しいものがてんこ盛り!ご当地グルメなら フードサンクス♪

2015年1月12日月曜日

フリーファクトリーという概念

実現にはいろいろな問題があると思われますが、とりあえず概念だけ。

「フリーファクトリー」とは、その名の通り自由な工場。勤務時間とか休日とか以前に、労使の契約関係が存在しない工場のことで、いつでも誰でも、気が向いた時、暇な時、ちょっと空いた時間に働くことが出来ます。フリーファクトリーでは、利用者(労働者)が自分の都合に合わせて労働力を企業へ販売出来るのです。

※内容と写真に関連性はありません(^^;

例えば「(仮名)大和フリーファクトリー」では、未経験者でも働けるよう、封筒貼りやDM封入などの軽作業を扱っており、自分の都合のいい時間に出勤し、帰る際に出来高分の給与を受け取ります。24時間対応しているため、早朝は散歩途中の老人が立ち寄って一時間だけ働いたり、昼間は子育て中の主婦が空いた時間にやってきたり、夕方以降は仕事帰りのサラリーマン、深夜には眠れない学生が入れ替わりやって来ます。

「(仮名)武蔵フリーファクトリー」は機械部品組み立てのため、事前に2時間程度の研修受講が必要ですが、受講カードを持っている人ならいつでも勤務可能です。「(仮名)長門フリーファクトリー」は仕様書に沿ったプログラミングが必要なため、勤務には資格取得が必要ですが、好きな時に来て、好きなだけ働けるのは同様です。この場合は完成したコード数の出来高払いとなります。

もちろん正規の雇用契約がありませんので、各種保険などはありません。が、事前登録しておけば、フリーファクトリー本部が全労働データを集計し、税務処理などまで一括して対応してくれます。本部発行の登録カードが、ある意味社員証のような役割を果たすのです。

ちょっとお小遣いが欲しいなと思った高校生や、3日間何も食べていないホームレスがやってくることもあります。フリーファクトリーによっては対価として現金だけでなく、商品での支払いが可能なところもあり、その場合は現金よりも報酬率が高くなります。例えば100円分の労働をしたとすると、現金だと100円しかもらえませんが、商品だとすると130円のカップ麺をもらうことが出来るのです。

企業としては生産計画の立てられない工場など作っても仕方ない側面もありますが、安価な労働力を日本国内で獲得出来ることは大きなメリットでもあります。

なお、これはアルバイトやパートタイマーに代わる労働形態ということではありません。あくまでも、これまで活用されていなかった各人の細切れな空き時間を活用し、新しい労働方法を生み出すということです。暇だからと家でゴロゴロしている時間、近所のフリーファクトリーで働けばお小遣いが稼げます。本当の意味で子育て女性の空き時間を活用出来ます。まだまだ働きたい高齢者だって大丈夫です。

恐らくフリーファクトリーの創成期には、賃金が安いとか、兼業禁止の就業規則があって働けないとか、雇用の安定性を崩すとか、様々な批判や問題点が出てくると思われますが、こんな働き方があってもいいような気がするんですよねー。ダメですか?

2015年1月10日土曜日

【レポート】丸ごと梨が入ったバームクーヘンを食べてみた

お。これは思ってたよりもずっと重い・・・。まぁ単なるバームクーヘンではないのだから当たり前のことなのだが、手に持った感覚として期待感の高まる重さ。北の菓子舗「壺屋総本店」の丸ごと梨が入ったバームクーヘン「ヴィーナスポワール・カムイ」は、届いた瞬間からワクワク状態。


ということで早速パッケージを開けてみる。


バームクーヘンとして見慣れた円柱の輪切り状態ではなく、球体の上下をカットしたような感じ。まさに丸く焼き上げたバームクーヘン


安物バームクーヘンにありがちなパサパサな感じではなく、表面はしっとりした質感。この段階ではまだ梨の姿はよく見えない。ので真っ二つに切ってみた。


ドーン!梨ーーー!物珍しげに集まってきていた家族から、おおおおお!という歓声があがる(笑)。


正直、細かな部分をじっくり観察している時間が惜しい(笑)。家族中のテンションがマックスに達してしまったので、8等分して取り分け。


名前の「カムイ」とは、アイヌ語「神々が集うところ」という意味があるらしいが、まさに女神ヴィーナスにふさわしいたたずまい。


梨を丸ごと入れたりしたら、きっと駄菓子風になってるんだろうと勝手に創造してたんだけど、上品なことこのうえなし。あぁ、もう我慢の限界。いただきまーーーす!


おおぉー!うまーい!おいしー!子供たちはもちろんのこと、歯の悪い80代の両親までが、これまでこんなに嬉しそうに食べたことがないくらいの笑顔で「おいしい」を連発

見た目通り、バームクーヘン自体はしっとりとして柔らかくほどよい甘さ。そしてメインの梨は、弾力があってデザートフォークではちょっと切り辛いが、口の中ではほどよい歯ごたえながら柔らかな口溶け

試しにバラバラで食べてみたところ、それぞれ単品でも充分美味しいが、やはり梨とバームクーヘンとを一緒に食べた時のバランスが最高!ちょっと色物的なお菓子だろうと考えたりしててゴメンナサイ!この「ヴィーナスポワール・カムイ」は、我が家でのここ最近では最大のヒットスイーツになりました!

ごちそうさまでした。あー、なんだか幸せな気分です(^^)


※ていうか、姉妹品の「ゴールデンアップル・カムイ」も気になる気になる。


壺屋総本店